土地のセットバックってなに?

お客様へ不動産物件をご紹介していると、チラシには様々な事が記載されていて、ご質問を受ける事があります。

もちろんその場でご説明させていただくのですが、しっかりと理解されて不動産をご購入いただく事が大事で、後でそんなことがあったなんて!と思われる事がないように一つ一つしっかりと理解していくことがとても重要です。

 

セットバックとは?

 

「セットバック」普通に生活している時には聞きなれない用語ですよね?不動産購入にはこのような言葉がいくつかあります。

なかでもセットバックはちゃんと理解しておかなければ、こんなはずじゃなかったと後悔する可能性がありますので、理解するようにしましょう。

 

建物を建てるには、建築基準法上の道路に接道(接している)している事が条件になります。建築基準法上の道路とは、幅員4M以上の道路の事です。(6Mの場合あり)

購入しようと思った土地に幅員4M以上の道路が接道していない場合があります。土地を買う目的が建物を建てるためである以上は、その道路を何とかしなければなりません。そこでセットバックしましょうということになります。セットバックとは、前面道路の中心線から2Mの位置まで敷地の境界線を後退させることを言います。ちなみに向かい側が川やがけなどの場合は中心線ではなく向かい側における現況道路境界線から4M(6M道路区域内では6M)のセットバックが必要になります。例外ですが、土地の状況などでやむを得ない場合は特定行政庁が建築審査会の同意を受けて緩和される可能性があります。

 

セットバックした部分は、道路扱いとなります。道路扱いということは、その部分の道路を自分で整備することになります。ですが、その部分を寄附し管理権限を放棄することで、解決することができます。もともと土地の価格にはセットバック部分の金額は含まれていないことが多いため、(含まれている場合もあります)抵抗も少ないかと思います。

寄附をすると、その部分の固定資産税免除、舗装整備を市に行ってもらう事ができます!が、その部分を自分のものとして使うことができなくなります。物を置いたり花壇を作ったりすることはできません。

寄附をしない場合は舗装はしないまでも、整備は必要なので、使えない土地を整備することになり、固定資産税を払うことになりますので、どちらを選ぶかは購入者様にゆだねられています。

 

セットバックの建物建築上の注意点

 

建物を建築する場合には、建蔽率や容積率というものがその土地に決められていて、それに沿った建物にしなければなりません。

セットバックについて関係のある事は、セットバックをすることで、自分の希望している建物が建築できなくなる可能性がありますので、購入後に目的が達せられないという事態が起こらないためにも、事前に建築の方とこの土地に御希望の家が建つかどうかを十分に検討・話し合っておくことが必要になってきます。

 

まとめ

 

土地の条件にはさまざまなことがあります。セットバックについても、全体の面積で考えれば割安に見える土地があっても、セットバックをすることで割高になる事も十分に考えられますので、十分に検討されてから決断をする事をお勧めいたします(^^)

 

また弊社では、物件の価格査定調査(根拠資料をご用意)、売買の斡旋・御紹介をさせていただいております、価格査定物件の売買仲介なら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

新築物件・中古物件(中古物件の一部物件を除く)・賃貸物件の仲介手数料無料で御紹介させていただいております、また、ホームページに載っていない物件でもお取り扱い可能ですので、川口市・浦和美園で新築・中古物件・賃貸を探すなら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件・ブログ検索

最新不動産物件情報

  1. 2020.9.18

    9/18価格変更 さいたま市大宮区天沼町1丁目 売地 4,650万円

    価格 4,650万円 土地面積 195.78m...
  2. 2020.9.18

    9/18価格変更 さいたま市大宮区大成町2丁目 売地 5,280万円

    価格 5,280万円 土地面積 155.46m...
  3. 2020.9.18

    9/18価格変更 さいたま市大宮区上小町 3区画 売地 3,680万円

    価格 3,680万円 土地面積 114.99m...

お役立ちブログ

  1. 一戸建てを購入すると様々な事が購入後に起こる場合があります。
  2. 最近涼しくなってきましたね(^^)もうすでに寒いっていう場所もありそうですが、これから暖房器具で電力...
  3. シェアハウスはどんなイメージですか?最近の新生活を始める上で選択肢の一つになりつつあるシェアハウス、...