増税なのに安い?住宅ローン減税 拡充 ③

増税なのに安い?注意点とは?

 

前回までの記事で住宅ローン減税とすまい給付金で、長期的に考えると増税前よりお得と記載いたしました。試算結果では、税率10%の方がトータルの負担が少なく、「それぞれの人生設計で、住宅が必要と思った時に購入するのがよい」と言う結果になる。

 

注意点として。。。

ローン減税拡充の恩恵を実際に得られるのは、購入後十数年たってから。消費増税後は、購入時に工面しなければならないお金が増える点が注意点として挙げられます。

また、20年1月購入時の場合、25年返済より35年返済の方が11~13年目のローン現在額が大きいため、35年返済にメリットがある様に見えます。

ですが、ローンの総支払額で見ると、35年返済の方が利息をかなり多く支払う計算となる為、減税額の差は無くなってしまいます。

なので、ローン減税の総額を多くする目的で返済期間を長くするのは避けた方がよいという事になります。

 

まとめ

 

3回にわたって住宅ローン、すまい給付金について記事にさせていただきました。

税金が上がるから急いで探さないと!!と思われていた方にとっては朗報だったのではないでしょうか?(^^)

「それぞれの人生設計で、住宅が必要と思った時に購入するのがよい」が結論である事は嬉しいですね♪

また弊社では、物件の価格査定調査(根拠資料をご用意)、売買の斡旋・御紹介をさせていただいております、価格査定物件の売買仲介なら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

新築物件・中古物件(中古物件の一部物件を除く)・賃貸物件の仲介手数料無料で御紹介させていただいております、また、ホームページに載っていない物件でもお取り扱い可能ですので、川口市・さいたま市で新築・中古物件・賃貸を探すなら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件・ブログ検索

最新不動産物件情報

  1. 2021.3.6

    住宅ローンが払えない!どうしたらいい??④

    前回までは不動産を売らないという選択肢。
  2. 2021.3.6

    川口市飯塚3丁目 2号区 売地 4,580万円

    価格 4,580万円 土地面積 101.16m...
  3. 2021.3.6

    川口市飯塚3丁目 1号区 売地 4,580万円

    価格 4,580万円 土地面積 101.18m...

お役立ちブログ

  1. 前回までは不動産を売らないという選択肢。
  2. 前回は収入と支出、収支バランスとは?という点について書いてみました。。。
  3. 前回は各種相談窓口への相談、相談することで不動産を手放さないためには?という内容で記載させていただき...