マンションの資産価値とは?

マンションを購入しようと考えた場合、「今後このマンションはどのような価値評価になっていくのか?」は購入前に考えておきたいものです。

絶対的にこのような価値になるとまでは判断できないとは思いますが、何を基準に判断すればいいのでしょう?

 

立地

 

不動産物件の資産価値に直結するものは立地が最大の重要ポイントといってもいいでしょう。

不動産とは動かないものです、移設でもできない限りは立地がものをいうのは当然で、例えば飲食店をやる場合でも人通りの多い場所や目につきやすい場所などが好立地というように、住宅にも住みやすい等の好立地がありそれによっての資産価値を考えるようにしましょう。

 

好立地の条件として先ずは、交通の利便性があげられますが、どこに行くことが利便性がいいのかは人それぞれです。その中で人に合わせて利便性を考えるなら、やはり都心にやターミナル駅にアクセスしやすい、複数路線が利用できる、などがあげられます。

その上駅から徒歩距離が近ければ近いほど価値は高くなるでしょう。

 

その次に周辺の環境を加味していきます、主観的要因になりやすいですが、一般的・客観的にもそれは同じであり、その周辺に大きな施設(ショッピングモール等)がある事、公共施設が充実していることなども挙げられます。

 

物件自体の価値

 

物件の価値は築年数ばかりに目がいきがちですが、築年数を考えるのではなく先を見据えた間取りや広さである事などを注意する事が重要です。

専有面積の広さは70㎡以上が望ましいでしょう、最近では100㎡を超える物件も存在しますので広ければ広い程価値が高くなります。

設備面も重要です、最近ではマンション内にコンビニやスーパーがあるなどの物件もあり価値が高いといえるでしょう。

 

物件管理力

 

物件の管理力を確認する上で重要な点として、

 

1、住人のマンション管理に対する意識が高い

2、適切な管理会社が管理している

3、予防的で適切な管理・修繕が行われること

4、管理費・修繕積立金の額が適切である

 

築年数と合わせてしっかりと管理されているかが建物の耐用年数に大きな違いが出てきます。なので上記の管理力はとても重要なものになります。

100年もつマンションを購入し維持できる事を念頭に置いて購入物件を選ぶ事を覚えておきましょう。

 

まとめ

 

これまでのマンション資産価値は立地がすべてといわれておりましたが、それば当然のものとなりつつあります。

マンションの資産価値をみるものとしての価値観は管理力に移りつつありますのでそこをあわせて考える事で将来に価値が下がりにくい物件を選ぶことができるようになりますよ(^^)/

 

また弊社では、物件の価格査定調査(根拠資料をご用意)、売買の斡旋・御紹介をさせていただいております、価格査定物件の売買仲介なら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

新築物件・中古物件(中古物件の一部物件を除く)・賃貸物件の仲介手数料無料で御紹介させていただいております、また、ホームページに載っていない物件でもお取り扱い可能ですので、川口市・さいたま市・春日部市で新築・中古物件・賃貸を探すなら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件・ブログ検索

最新不動産物件情報

  1. 2024.7.13

    さいたま市北区奈良町 売地 2,680万円

    価格2,680万円 土地面積 120.41㎡...
  2. 2024.7.13

    草加市清門2丁目 B区画 売地 2,890万円

    価格2,890万円 土地面積 141㎡(約4...
  3. 2024.7.13

    草加市清門2丁目 A区画 売地 2,690万円

    価格2,690万円 土地面積 141㎡(約4...

お役立ちブログ

  1. 住まなくなった家を解体や売却をせず持ち続ける方が増えており、昨今の空家問題は社会問題となっています。
  2. 前回のブログでは、進む高齢化社会、人生100年と言われる中近い将来起こり得る可能性のある介護...
  3. 高齢化社会が進む中、それに合わせたお悩みや相談が多くなっています。