同居での家の売却

家の売却理由は様々ですよね(^^

家が広すぎたり、手狭になったり、今回のテーマである同居により売却を検討するという事もあります。最近では共働きの世帯も多くいちいち子供を預けるのも大変という事で、同居を考えるケースも増えてきています。

同居となると今まで2つあった不動産を一つにするので売却を考えることになります。

 

同居する際の不動産売却デメリットは?

 

同居するための不動産売買は、物件を空き家にできるため、通常の不動産売買と変わりなく行う事が出来ます。

 

残債があれば、残債より高い金額で売却をすることで、持ち出しをなくすことができる為、どちらの不動産を売却するか十分に検討する必要があります。

不動産をすぐに手放さなければならないわけではないので、十分な金額で買っていただける買主様をゆっくり探すことができます。

 

また、価格交渉に応じる事も消極的になりやすいため、売却期間が通常売買より心理的作用により長期化する事が多くなります。

 

まとめ

 

上記で記載した通り、通常の不動産売買とほぼかわらない方法となりますが、長期化しやすいため。いつまでにその不動産を売却したいのかを売り出し開始までに、明確にしておくことが重要です。

そのためには、現在の周辺相場しっかりと把握し、不動産業者と媒介契約を結ぶことが重要になります。

 

新築物件・中古物件(中古物件の一部物件を除く)・賃貸物件の仲介手数料無料で御紹介させていただいております、また、ホームページに載っていない物件でもお取り扱い可能ですので、川口市・浦和美園で新築・中古物件・賃貸を探すなら、ぴースまでお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件・ブログ検索

最新不動産物件情報

  1. 2024.3.1

    川口市芝下2丁目 売地 2,780万円

    価格2,780万円 土地面積 124.24m...
  2. 2024.3.1

    越谷市東越谷4丁目 売地 3,180万円

    価格 3,180万円 土地面積 137.8㎡...
  3. 2024.2.29

    春日部市粕壁 売地 1,630万円

    価格 1,630万円 土地面積 100.24m...

お役立ちブログ

  1. 住まなくなった家を解体や売却をせず持ち続ける方が増えており、昨今の空家問題は社会問題となっています。
  2. 前回のブログでは、進む高齢化社会、人生100年と言われる中近い将来起こり得る可能性のある介護...
  3. 高齢化社会が進む中、それに合わせたお悩みや相談が多くなっています。